しつこく、公式課金シリーズ続きます。

公式コンテンツは、キャリアの審査の結果として
課金や公式メニューからのリンク掲載を認められているわけですが、

キャリアは総務省でもなければ経済産業省でも、警察でもありませんので
本来のネットビジネス事業者に求められる届出や遵守事項というのは
一般サイト同様に守る必要がある、はずです。

ただ、このへんの意識はむしろ一般サイトより公式サイトのほうが
遥かに低い気がしています。

たとえば、「特定商取引法」という法律があります。
これはネットビジネスにおける法律関係の「イロハのイ」な法律ですが、
公式サイトに関しても、いくつかのカテゴリは対象業種に該当すると思われます。

たとえば、指定役務の別表第3(12)には
 「易断を行うことまたは易断の結果に基づき助言、指導その他の援助を行うこと」
というのが含まれますので、公式サイトといえども「占いサイト」あるいは
どう狭義に解釈しても「易断サイト」は、特定商取引法に基づく表示が
必要なはずです。

が・・・実態、上場企業ですら守られていません。
マザーズとかヘラクレス程度では、法務部マトモに機能しないんですかねぇ…
(ちなみに占いNo.1のザッパラス社は完璧に対応してます。さすが東証一部)


これは氷山の一角で、
 ・対象事業やってるのに、電気通信事業者の届出してないCP
 ・有料投資情報を提供してるCPが、金融庁へ投資顧問業未登録
などもありますし、他にもあるかもしれません。


ただ、公式CPが違法営業で摘発されたという話は聞きませんので
こうした心配は杞憂なのかもしれませんが、問題が起きる前に
業界全体で少し意識を高めたいところではあります・・・