1年近く前に、Wiiの間とBeeTVについて
こんなエントリを書いていましたので、現状を追ってみました。

■Wiiの間
利用者数はこの記事(09年10月)によると、
93万世帯、248万人とのこと。

Wiiの普及台数は国内で800−900万台前後と推定されるので
普及率は10%台前半。
定期的に視聴しているユーザ数だともっと少ないかも?

スポンサーに関しては、不景気のさなかですが、かなりの数が
増えてきています。
もちろん電通の営業力に追うところは大きいのでしょうが、
この記事にもありますが、テレビ視聴に近いスタイルにもかかわらず
インタラクティブ性があることが受け入れられているのでしょうか。

Wii登録情報をもとに手軽にプレゼントに応募できる機能など、
ユーザの属性別のフィードバックを集めることにも
積極的にアプローチしており、これからが楽しみです。

有料配信の「シアターの間」については、品揃えといい機能といい
実験の域を出ていない気がします。


■BeeTV
設立当初のプレスリリースによると、
2010/03時点での会員目標は78万人とのことでしたが、こちらの記事によると
既に12月時点で86万人と、目標を上回る推移のようです。
ただ、計画通りだったとしても2012年までは赤字ですので
LTE時代の到来までに、どれだけプラットフォームとしての認知を
コンテンツホルダー側、ユーザ側双方に対してアピールできるかが
ポイントになってくると思われます。


どちらもまだ目が離せません。