先ほどのエントリの補足を、主に若手のスタートアップと起業予備軍の皆さんへちょっとだけ。
偉そうな物言いをご勘弁ください。

ライブ・エンターテイメントを、もっと身近に。 : ashikagunsoのチラシの裏

引き算すればわかるのですが、エクイティの他にデットでも、これまで2,000万を調達しています。
金利は平均で1%台です。

借りる側の僕がいうのもなんですが、ハッキリいって負担いただいている
リスクに対して全く見合わない金利です。

赤字のベンチャーでも、創業支援融資や制度融資を活用すれば超低コストでの資金調達が可能で、
また銀行系VCさんの出資であれば、今後はプロパーの融資も当然期待できます。

エクイティファイナンスは「返さなくていいお金」と言われますが、
成功した暁にお返しするリターンを金利で計算すると、年利50%、100%という
闇金顔負けの利率になっているわけです。
もちろん、それだけのリスク負担をして頂いているので、全くもって合理的なことですが。

ただ、それだけの潜在的な負担をしていることは忘れないほうがいい。

若手のスタートアップには、シード系VCの資金を受け入れるなら
同時に融資での調達もすると、強くメッセージしたいです。