警察庁の犯罪統計によると、ネットオークションでの詐欺被害が
昨年に比べて【2倍】に急増している。

ネット競売の詐欺倍増、1〜6月 スマホ普及で被害拡大

素人の詐欺、ツイッターや掲示板でも被害

両方の記事に共通しているのが、事例が「チケット」だということ。
欲しがる人が多く、また単価も高いライブ・コンサートのチケットは詐欺をはたらくには
うってつけの商材になる。

被害はネットオークションに限らない。記事によると、twitterやチケット掲示板での被害も
多数報告されている。
被害件数は半年でなんと1,560件。警察に被害届が出されているものだけで、
毎月250件もの被害があるということで、泣き寝入りしているケースはさらに多いと思われる。

ぜひ、チケットの取引については一度、チケットストリートを使ってみて欲しい。
  • チケットの代金受け渡しを事務局で預かり、配達後に売り手に振込み

  • すべての発送を配送番号で追跡、買い手の手元に届くまで確実にサポート

  • 売り手の本人確認を100%実施し、犯罪者が入る余地をシャットアウト

  • 期日までにチケットが届かなければ、手数料も含めて「全額」返金保証

  • メールだけではわからない内容を、電話窓口でサポート

チケット詐欺を防ぐには、当たり前のことを一つ一つやっていくしかない。
だが、上記のすべてを実施できているチケット二次流通プラットフォームは
日本ではチケットストリートしかない。
title_sagi


最近まだまだ、知名度が不足している・・・と感じることが多い。
がんばります。