こんにちは、チケットストリートの ashikagunsoです。

xjapan_tuika_ishinomaki

X JAPAN追加公演発表! 24年ぶりのライブハウス公演は、チャリティ&オークション

X JAPANのライブチケット、チャリティーオークションが先ほど(10/15 12:00から)スタートしました。
なんと開始20分で50万円を超える値がついています。

通常、たとえチャリティであったとしても、ライブチケットを主催者がオークションに出してしまうのはタブーとされてきました。
「本当のチケット価値があぶりだされてしまう」からです。

国内のライブチケットは通常、最前列でも2階席でも同一価格で抽選で発売されますが、たとえば最前列がチャリティオークションで「100万円」の値がついたとすると、一般発売された最前列のチケットも「100万円」の価値がることになるわけです。

あくまで公式の価値は定価たとえば1万円なわけで、実質価値が高いことが見えてしまうのはとても都合が悪い。
当たった人が2次流通で出品すれば100万円儲かる!というのももちろんですが、
本来売ろうと思えば100万円で売れる = 主催者的には逸失利益なわけで、
だったら最前列は最初から100万で売ればいい。

で、今回のX JAPANの石巻ライブは
 ・キャパ150人のライブハウス、1公演限り
 ・一般発売なし
 ・75枚は地元の方々の無料招待 (対価なしの招待なので転売禁止は厳格に適用できる)
 ・残りの75枚をすべてオークション

という形にしたわけで、他のライブツアーの価格設定に「直接は」影響しない形で、タブーへ真正面から挑戦するのをぎりぎりで避けている、というわけです。

過去からX JAPANは2次流通でも、良席はものすごい高値での取引になり、20万円を超えることも珍しくありませんでした。逆に、良席以外なら、定価近辺や定価割れすることもよくあります。
熱狂的なファンがおり、年齢層や所得が高いからこその現象。

で、出てきたのが「VIPプラチナパッケージ」98,000円なり。
http://xjapan2015.live-vip.jp/vma/

非常に正しい戦略と思います。

ちなみにX JAPANのライブチケット、
YOSHIKIファンクラブ、TOSHIファンクラブ、PATAファンクラブ、HEATHファンクラブ、YOSHIKI MOBILE会員、YOSHIKIカード(VISA)、YOSHIKIカード(MASTER)、ウドープレミアム、ローチケプレミアム・・・

と、一体いくつ優先販売チャネルがあるんだ?
というくらいの複雑な発売状況です。

これだけの配券をマネジメントし、オークション販売、プレミアムVIPパッケージ販売など
X JAPANのライブビジネスに関するマーケティングは、間違いなく日本の最先端を行ってますね。

[PR] チケットストリートでのX JAPAN取扱チケットはこちらから