好奇人の黒マソムさんとこで書いた、コメントの続きです。

私自身の経験からしても、サービス立ち上げるに当たって規約を慎重に吟味するなんてことはしないで、走りながら考えるわけで。
internet自体がすでに法律の想定範囲のはるか外にあるし、

P2Pのとか、GPLの有効性とかが議論されているのと同じように
今回の「法的に見てどうなん?」「著作権(&著作隣接権)ってどうなん?」という問題提起はとても有益だと思いますが、
今回のムーブメントが、ブログサービス各社や
これからユーザ参加型のシステムを作ろうと思っている人たちに対して
ネガティブな影響を及ぼすことを、私は危惧しています。

#ついでにいうと、今回の件に多大な影響を及ぼしていると思われる「電車男」が権利的に何のトラブルも起こしていないことがまた対照的で面白いですね。
2chは著作権的にはユーザに超厳しいけど、あまり文句が出てないような気もする。これってやっぱ「ユーザの好き嫌い」なんだろうか。

Livedoor → 儲かってる → やっかみ
2ch → 儲かってなさそう → 応援したい

的な感覚があるような。